これからやろう、そうしよう。

備忘録、シンガポールに住んでます

シンガポールのクレジットカード申請

こんにちは。

シンガポールに赴任してから2か月半経ちました。

この1か月は殆どワールドカップを見るために過ごしていたような ものなので、

1か月分の疲労が一気にやってきて若干風邪気味です。

 

さて、シンガポールに住み始めてから、銀行口座、 インターネット、公共料金支払いなど

色々生活するために諸手続きを色々と行ってきましたが、 最も苦戦し時間がかかったクレジットカードの申請から到着までを

本日のテーマにしたいと思います。

 

 

 

 

・まず最初に

日本はまだまだキャッシュ社会ですが、 シンガポールは日本と比べるとキャッシュレス社会が進んでいるよ うな印象です。

レストランによっては、現金不可、 カードオンリーみたいなお店もあります。

しかもこのカードオンリーのお店、 高級レストランではなくショッピングモールのカフェでもありました。

まぁ、クレジットカードがなくても、 銀行のキャッシュカードにデビット機能がついているのでこちらで 代用はできますが

せっかくカードで支払うのだから、ポイントほしいですよね。

最悪日本のカードでもいいけど、毎回為替手数料乗ってくるし、 何より円ではなくシンガポールドルで支払いたい。

そんな思いがありちゃっちゃとカードを入手したかったのですが、 入手まで2か月半ほどかかりました。

以下、私の格闘記になります。

 

シンガポールのクレジットカード

シンガポールのクレジットカードの種類などはググってもらえれば たくさん日本語の解説ページがあるのでここではあまり説明する必要はないと思います。

ぶっちゃけあんまり知らないし、 検索で出てきたサイトを見ていただいた方がわかりやすいと思います。

 

ブランドはVISA、Master、 アメリカンエキスプレスなどが作れます。

また、JCBや中国系のunion payなんかも使えるところが多いです。

発行元は銀行系が多いのではないでしょうか。

 

私は銀行口座を開設したDBSのクレジットカードを申し込むことにしました。

他にも銀行系だとOCBCUOB、Citybankなどがあります。

 

・申し込み

申し込みはDBSのホームページからできます。

種類は下記URLを参照してください。

https://www.dbs.com.sg/personal/cards/cards-comparator.page#

 

女性限定のカード、高島屋やEssoで得するカード、 マイルが貯まりやすいカード、リベート(キャッシュバック) がもらえるなどがあります。

私はあまり高島屋で買い物をしないし、 車を持っておらずガソリンスタンドに行くこともないので消去法でマイルが貯まりやすい「DBS Altitude Visa Signature Card」を入手することにしました。

 

 

カードも決まりさっそく申請です。

オンライン上で個人情報を入力します。

入力項目は名前、住所、居住年数、電話番号、学歴、家族構成、 勤務先、勤務先住所、年収、勤続年数など。

私の場合、申請当時シンガポールでの勤続年数は1か月だったので 、以前の勤務先(日本の会社) 及び勤続年数も記載しなければなりませんでした。

 

また、添付資料としてパスポート、EP(表裏)、 給与証明をそれぞれPDFファイルで提出しました。

これで完了!楽勝やん! と思っていたらここからが長かったわけです。

 

 

・待っても待っても承認されない

個人情報を記入して提出ボタンを押すと普通審査完了までしばらく お待ちください的なページに飛ぶと思うのですが、私の場合、提出後飛んだページは「現在は完了できません」 的なページ。

何回申請してもこのページにたどり着きます。

なんでなんだと悶々としていましたが、 会社のローカルスタッフに相談したところ給与実績が足りていないので審査に回してもらえていないのだろうということでした。

申請した月の給与が締め日の関係で半額しか入金されていなかったことが原因だと思います。

 

 

1ヶ月放置して給与が満額支払われた後、DBSのダイレクトメールであなたの申請は止まっていますよというメールが届きました。(止めてるのそっちやん!)

そのメールにあったフォームから再度申請を行いました。

2週間くらいしてDBSから給与明細のコピーを送ってくださいというメールが来ました。

ようやく進み始めたのかなと思い、 すぐにアップロードしましたがここからまた2週間ほど音沙汰無し 。

 

・そして動き始めた

もう何時でもいいやと思っていましたが、 ある日知らない電話から着信がありました。

仕事中だったので出れなかったのですが、調べてみるとDBSから 。

カードに関する確認かなと思いかけなおしたのですが、 これがまた曲者です。

かかってくるけど一切折り返しには出てくれない!!

1時間に1回くらいかけているのに一切出てくれません。

DBSのメールには平日9時から6時まで気軽に問い合わせてねってあるのに、

全くつながらないのでこの文章は削除したほうがいいと思いますよ DBSさん!って感じでした。

結局1回も電話をかけてきた人と話すことはできなかったのですが 、ある日突然SMSが届きました。

f:id:shipper17:20180717164939j:image

 

「あなたの申請は受理されました。」

いきなり来ました。審査が通った。

あの電話は何だったんだ一体!!

 

DBSのマイページ(口座開設時に設定) にもカード審査が通ったというメッセージが届いておりようやく戦いは終了しました。

メッセージの中に5~7営業日でカードが届くと書いてあったので、待っていたらしっかり5営業日で届きました。

ちなみにカードが届く前日にPINコードが記載された郵便物が届 きました。

PINコード自分で選べないんですね~。

ひょっとしたらHP経由で変えられるのかもしれません。

 

 

・カードが届いたらすること

クレジットカードが届いたら、 まずはカードが使えるように設定をしなければなりません。

設定はSMSで行います。

シンガポールはSMSを有効活用しており、 レストランや銀行の予約なんかもSMSでやっていますね。

やり方は簡単。

指定された宛先に「Activate カード下4桁」を送るだけ。

これでカード使用可能になります。

同じ宛先に「Enable overseas カード下4桁」 を送ると海外で使用可能な設定に変更してくれます。 

・おまけ「DBS Altitude Visa Signature Card」の紹介

URLを参照していただければ一目瞭然ですが、 せっかくなのでこのカードの紹介を。

https://www.dbs.com.sg/personal/cards/credit-cards/dbs-altitude-cards

 

年会費:S$192.60(≒15,500円)支払い後ボーナス 10,000マイルゲット

年間S$25,000使用で年会費無料とありますが、 シンガポールあるあるの年会費払わないってやつが使えるのかもし れません。

 

マイルが貯まりやすいですよ~というカードなので、 具体的にはどう貯まりやすいのかを確認しました。

 

1S$=3マイル

シンガポール航空キャセイパシフィック航空カタール航空、a goda、expedia、airbnbで1S$あたり3マイル 貯まりますよというやつ。

めっちゃ貯まりますね!日系のJAL/ANAよりマイル積算率が 高い!

しかしこれには条件があり、月額S$5,000以上限定です。

約40万円。 出張しまくって建て替えしまくりなスーパービジネスマンじゃない と難し条件ですね。

 

1S$=2マイル

海外(外貨)決済という条件。

これは現実的。 ちょっと東南アジアに旅行に行ったときにカードで払ったり、

日本に帰国したときに免税で買い物したりすると恩恵を受けられま す。

 

1S$=1.2マイル

シンガポール国内での使用。

マイル積載率はなかなかいいと思います。

ただしSQのマイルの価値はJAL/ANAにくらべてよくないの でどこまでお得かはまだ未知数。

 

なお、マイルの貯まり方ですが、 日本のクレジットカードと少々勝手が違うのでご注意を!

日本の場合、クレジットカードでマイルをためる場合JALでもA NAでもマイレージクラブの番号を登録し

使った金額に応じてマイルがそのまま加算されていきます。

一方、このカードはDBSポイントが貯まっていくので、例えばS Qのマイルを貯めるには自分んでクリスフライヤーのポイントに交 換する必要があります。

ソラチカカード(東京メトロ/ANAマイル)でメトロポイントを ANAマイルに交換する作業と同じですね。

 

なお、1S$=1.2マイルとは下記のような計算になります。

1DBSポイント=2マイル

3DBSポイント=S$5

6マイル=S$5

1.2マイル=S$1

 

なお、交換の最低ポイント数は5,000ポイントで、手数料が約 S$25かかるようです。

手数料2,000円はなかなか高いですね。

 

その他特典として提携ホテルでのマイル積算UP、空港ラウンジに入れるプライオリティパス(ただし無料なのは年間 2回だけ)

海外旅行保険などがあります。

 

2回しか使えないプライオリティパスをどの空港で使うのがいいの かこれからよく吟味します。

まぁ無難にチャンギかなぁ。

 

長々となりましたが、クレジットカード申請検討中の方の参考になればいいなと思います。